802.11ahについて

IEEE標準規格802.11ah(Wi-Fi HaLow™)は、920MHz帯の周波数を利用する通信手段のひとつで、特にIoTの通信システムとして様々な分野で活用が期待される新しい種類のWi-Fi規格です。

920MHz帯を利用した通信システム(LPWA※)は国内でも既に活用されていますが、802.11ahは、「ワールドワイドなデファクト規格(Wi-Fi)ベース」「IP通信が可能」「フルオープン」「自営設置が可能」「数Mbpsのスループットの可能性を有する」という特徴を持つことから、より多様なユースケースへの適用を実現し、IoTを活用した社会的課題の解決手段の選択肢の拡大や利便性向上に寄与します。

<注> 日本国内での802.11ahの利用条件等については、現時点では確定していません。

※:Low Power Wide Areaの略語で、消費電力を抑えて長距離の通信を実現する通信方式

以下にIEEE標準規格802.11ah(Wi-Fi HaLow™)に関連する資料やリンクを掲載しますのでご活用下さい。